観光タクシーは、これまで利用していたレンタカーや乗り合いタクシーと異なり、時間単位で利用するタクシーになります。

とても便利な観光タクシー

観光タクシーの魅力の1つに、自分が乗りたい車を選べることがあります。雪の多い北国で走行中の時間を快適に過ごすためには、前輪駆動のFF車に乗ることがオススメです。

FFとは、エンジンがフロント・Frontにあり、駆動もフロント・Frontで行われるという意味です。またエンジン以外にも、トランスミッションなどのような重量のあるものは、フロントに配置されています。こういった構造のFF車は、非常に安定した走りを期待できます。さらにボンネット下部分のフロントにエンジンがある分、乗車空間を広くできるというメリットもあります。雪などで道路条件が思わしくないところを走行する場合、FF車に勝る自動車はありません。観光タクシーならその土地にあった車種を、必ず用意しているでしょう。

文字で書けば、「観光」タクシーです。しかしそれは、観光目的だけを想定したサービスばかりではなくなってきました。観光タクシーサービスを展開できるような会社なら、介護専用の介護タクシーを用意しているところもあります。日本社会はこれからも、ますます高齢化が進んでいきます。この介護タクシーへのニーズも、ますます高まっていくことは間違いないと思われます。

一般的なタクシーとは異なる介護タクシーですが、そのタイプは観光タクシーサービスを行っている会社により差はありますが、おおまかには車椅子に乗られた方を車椅子ごと積み込めるタイプの車と、ストレッチャーのついた車椅子を、常時積んでいるタイプの車などがあるようです。歩行することが困難であり車椅子を常用されている方は前者を、ベッドの上での生活時間が通常長い方は、後者のタイプを観光タクシー業者にオーダーすれば、それぞれ用意してくれるでしょう。

観光タクシーは一般のタクシーと同じで、電話1本で簡単に予約することが可能です。電話なら観光タクシーについて分からないことでも、いろいろ聞くことができますが、電話での予約や相談には受付時間がもうけられていることが通常です。通信手段には事欠かない便利な世の中になったことですから、FAXやメールなら深夜でも送信でき、日中忙しくてとても電話で予約する時間がないという人でも利用可能です。

どの業者の観光タクシーサービスも、お客さん側のことをとても考慮したサービスを提供してくれます。その中から少しでも自分にとって有益なものを選べば、観光地の移動も快適になるでしょう。